満足できるリフォームへの歩み

リフォームとは

私たちはその場所が好む好まざるに関わらず住む場所を持っています。その場所は多くの場合、改善する気があるかどうかは別にして、多少なりとも不満を持っていたり、若しくは不満とまではいかないものの要望があり、出来ることならそれを実行したいというものもあるでしょう。
そこでリフォームを行うという選択肢が発生するわけですが、その内容は多岐にわたります。

まず考えられるのが、このまま永く居住するのが困難な事例です。それは我が家の場合でも行ったリフォームに該当しますが、築年数が古い住居に見られる住居の性能の低下を改善するためのリフォームです。
例えば、廊下や部屋などの床の木材が腐食してきて歩くたびに沈んだり、また雨漏りがしたりする場合です。このような状態になると、そう遠くない未来にリフォームする必要があり、緊急性があるリフォームとなります。また、意外と住んでる本人に自覚はなくとも業者がリフォームのため床を開けてみたら問題が発見したりする場合があります。

リフォーム続いて考えられるのが構造上欠陥からくる不満を解消するためのリフォームです。これは構造的に湿気がこもりやすい構造だったり、押入れなどの収納スペースが無かったり、又は風呂や台所、各部屋への移動が面倒な場合の根本的に住居の設計自体に問題がある場合です。
この場合先程のように緊急性はありませんが、生活していく中でストレスが溜まっていきますので、せっかくの住居が安らぎを与えないという問題があります。

リフォームその他不満からくる要因としては、個人的や客観的な視点からくる不満もあります。これは外観や各部屋のデザインなどが当てはまります。外観の場合はおのずと経年劣化していきますので、築年数が古くなればおのずと見た目に現われます。部屋に関しても古い和室を畳からフローリングへと変えたいという要望があったりします。上記に比べて問題というより願望に近いものと言えそうです。

最後に付加価値としてのリフォームです。これはオール電化にするリフォームだったり、耐震性を強化するためのリフォームやバリアフリーにして将来を見据えたリフォームが該当します。このリフォームの場合、『より』生活しやすい、『より』安全な生活を送れるといった付加価値が生まれます。

このようにリフォームを行うということは、居住している人の思いがあるわけで、それをリフォームをすることによって改善したり、より住みやすくなったりという未来を手に入れたいという願望があるわけです。しかし、リフォーム業者に施工してもらったからといって必ずしも問題なくその後の生活を送れるというわけではありません。施工中やその後の生活の中で予期せぬ問題が現れることがあります。
どうすればその問題を回避できるのか、リフォームをする前にどのような点に気をつければ良いのかをこれから記載していきます。

このページの先頭へ